Home / 湯あたり / 湯あたりについて

湯あたりについて

Posted in : 湯あたり on by : ビビアン

温泉に入った時に頭痛など起こす方もいらっしゃるのではないでしょうか。

湯あたりと言います。

温泉が身体にあわないためにそのような症状が起こってしまう場合もあるといわれています。

温泉とは、みなさんが思っている以上、大きな効果が期待出来るようですが、治癒にあたり、一時期体調不良、つまり好転反応を示すことも良くあります。

確かに、好転反応か、本当に湯あたりなのか判らないという方も結構多くいらっしゃるようです。

その見極めはすぐに復調出来るか否かです。

なかなか復調の兆しが見られないのなら、そのお湯は、あなたにあわない可能性もあります。
湯治の方法ですが、4日目に休憩を入れるといわれているのは、湯あたりになることを回避するためです。

湯あたりは、2、3日後から、一週間までの間に出やすいです。

「硫黄泉」「酸性泉」「放射能泉」と言う線質は比較的湯あたりなりやすいとも言われているので注意が必要です。

逆に「単純温泉」は湯あたりしにくいといわれています。
湯あたりにビタミンCは効果的といわれています。

お風呂に入った後、前に水分を取ることが効果的といわれていますが、その時には、糖分の含まれていないオレンジジュース、ビタミン飲料を飲むことをおすすめします。

温泉や銭湯で湯あたりになった時の対処方法とは?

お風呂に入りながらバストアップする